SLAPP WATCH

大企業や団体など力のある勢力が、反対意見や住民運動を封じ込めるため起こす高額の恫喝的訴訟をSLAPP(Strategic Lawsuit Against Public Participation)といいます。このブログはSLAPPについての国内外の実例や法律を集め、情報を蓄積し公開する研究室兼資料室です。反対運動のサイトではありません。基本的に♪
<< 米大手紙がサイバー・スラップに注目 | main | オリコン訴訟、東京地裁判決、烏賀陽側に100万円の賠償命じる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ムスリムによるSLAPPが目立つらしい
元NYタイムズの記者、あのジュディス・ミラー記者が、SLAPPをテーマに書いた記事が公開されていました。“あの”とつけたのは、2005年に起きたCIA工作員の身元漏洩事件に関連して法廷での証言を求められ取材源の秘匿を理由に証言を拒否、法廷侮辱罪で収監されたことで大きな話題になった人物だからです。中東の専門家として活躍し、米国のイラク戦争開戦を煽ったジャーナリストとも評されていますが、ピュリツァー賞も得ている記者です。記事は去年の秋発行の雑誌「City Journal」に書かれたものです。

A SLAPP Against Freedom by Judith Miller, City Journal Autumn 2007

イスラムに関連した著作に対してイスラム教徒によるSLAPPが目につくものの、米国ではアンチ・スラップ法のおかげで、そうした試みは最終的には失敗に終わっていること。カリフォルニア州では名誉毀損訴訟が激減していること。英国では、名誉毀損の法律が原告に有利で、アンチ・スラップ法もないので、事情が異なること。ただしアンチ・スラップ法は、制定されている20州程度の範囲でしか適用されないので、現状ではその効果に限界があることなどが書かれています。

◇リンク・・・記事に出てくるSLAPPの原因となった書物など
Hamas: Politics, Charity, and Terrorism in the Service of Jihad: Dennis Ross,Matthew Levitt
Funding Evil: How Terrorism Is Financed--And How To Stop It: Rachel Ehrenfeld
| slapp | アメリカのSLAPP実例 | 18:23 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:23 | - | - |









http://slapp.jugem.jp/trackback/173
盗聴の罪:電気通信事業法違反と有線電気通信法違反
盗聴に関連して、犯罪となることもあるので、以下で簡単な事例を紹介したいと思います。盗聴対策をしたことによって、もし盗聴されてることがわかり、以下の事例に当てはまることがあれば電話ではなく、直接警察などに相談してください。無断で他人の住居、施設への侵入
| 防犯防災の対策 | 2008/04/22 5:10 AM |
ラーメン
日本全国のラーメン・うまいラーメン屋情報を掲載しています。ラーメンファン必見です♪ 情報は掲示板にて随時更新致しております。ぜひご覧ください♪
| 地域自慢♪ラーメン情報 | 2008/04/28 6:59 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ