SLAPP WATCH

大企業や団体など力のある勢力が、反対意見や住民運動を封じ込めるため起こす高額の恫喝的訴訟をSLAPP(Strategic Lawsuit Against Public Participation)といいます。このブログはSLAPPについての国内外の実例や法律を集め、情報を蓄積し公開する研究室兼資料室です。反対運動のサイトではありません。基本的に♪
<< ☆無★ | main | 新銀行東京、メディアに登場した告発者のみを提訴 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「押し紙」問題イベント前日分告知
というわけで、読売新聞側から著作権侵害と名誉毀損で訴えられている黒薮哲哉氏の報告会と裁判があります。直近の紹介で申し訳ありません。SLAPPの切り口から関心をもつだけでなく、新聞業界の内幕を知るよい機会だと思います。以下、いただいた案内から抜。

まず8月31日(日)。
当日は会場で、弁護団が制作した「押し紙」排除のためのパンフレットを無料配布します。

会場:板橋文化会館・グリーンホール 504号室
日時:8月31日、5時40分〜8時 
タイトル:真村裁判とその後の対読売訴訟
 出演:江上武幸弁護士
   真村久三(真村裁判の原告、読売と係争中)
   平山春雄 (YC久留米文化センター前事件の原告、読売と係争中)
司会:黒薮哲哉(著作権裁判と名誉毀損裁判の被告)
 
真村裁判が完全勝利してから今日までの八ヶ月の動きを検証します。今、福岡のYCで何が起こっているのかを報告します。質疑応答の時間も十分にあります。

最寄り駅は、東武東上線の大山駅(池袋から三つ目)です。
地図:板橋区立グリーンホール


つぎに9月1日。
読売新聞西部本社の江崎撤志氏が黒薮氏を訴えた著作権裁判
東京地裁の623号法廷で10時30分から
裁判の後、15分程度のミーティング

さて、新聞業界のタブーである押し紙の問題を黒藪氏は追及してきたわけですが、この問題も先のエントリーで書いたのに似て、内輪の業界紙では話題になっていますが、新聞の紙面がとりあげることはありません。例えば、新聞通信調査会報という通信社が母体となった財団の業界紙の平成20年2月1日号には、元早稲田大学客員教授の藤田博司氏が、『最悪の「偽」と「選択」』という一文を寄せ、黒薮氏の著書に言及し、「押し紙」の事実を認めた裁判(上記イベント案内に出てくる真村裁判)を紹介して、発行部数の数字に意図的なごまかしがあることが裏付けられれば、今後新聞の信用は取り返しのつかない痛撃を受ける、と新聞界の対応が急務であると訴えています。しかしその文章とて、藤田氏が共同通信という通信社出身者であるからこそ書くことのできた文章であろうと、当ブログは推測しています。
| slapp | 未分類 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:36 | - | - |









http://slapp.jugem.jp/trackback/190
メディアが訴えられる日
広告費削られてますねぇ。 大手新聞社、テレビ局も安泰だったのは今は昔。 新聞といえば“押し紙”。(なんでだよ!) 新聞社が傾いたらそのまま影響を受けるのは 販売店ですよね。 地域でしか見れない折込広告もネットで みれつつありますし。 販売店がつぶれ
| 日本サッカーホールディングス | 2008/12/11 12:27 AM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ