SLAPP WATCH

大企業や団体など力のある勢力が、反対意見や住民運動を封じ込めるため起こす高額の恫喝的訴訟をSLAPP(Strategic Lawsuit Against Public Participation)といいます。このブログはSLAPPについての国内外の実例や法律を集め、情報を蓄積し公開する研究室兼資料室です。反対運動のサイトではありません。基本的に♪
<< メディアはメッセージである | main | スラップ訴訟情報センター >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
読売vs偽装部数調査報道記者訴訟、黒薮哲哉氏全面勝訴
判決報告集会20090330

(管理人、外出のため簡易な更新で失礼します)
30日は、当ブログとしては、偽装部数という言葉を裁判の名称に盛り込むため四苦八苦したあの裁判の判決日でした。。。読売新聞社側が、新聞社の発行部数問題を暴いてきたジャーナリスト・黒薮哲哉氏を訴えた二件の裁判の内のひとつ、読売新聞社員・江崎徹志氏が、著作権の侵害を訴えていた裁判(読売「押し紙」裁判)の判決が、東京地裁で言い渡され、江崎氏の請求は退けられ、黒薮氏の全面的な勝訴となりました。

(一時期、記事が閲覧できなかったようです。ハテ?)
| slapp | 興味深い裁判例 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:34 | - | - |









http://slapp.jugem.jp/trackback/219
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ