SLAPP WATCH

大企業や団体など力のある勢力が、反対意見や住民運動を封じ込めるため起こす高額の恫喝的訴訟をSLAPP(Strategic Lawsuit Against Public Participation)といいます。このブログはSLAPPについての国内外の実例や法律を集め、情報を蓄積し公開する研究室兼資料室です。反対運動のサイトではありません。基本的に♪
<< 週刊誌をめぐるシンポ概要(前エントリーの追記) | main | 読売vs偽装部数調査報道記者・名誉毀損訴訟、黒薮氏全面勝訴 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
オリコン訴訟、現状など
先日の週刊誌シンポジウムの詳しい内容が、Business Media 誠 のサイトに掲載されています。Business Media 誠 では、高額賠償請求訴訟を多数抱えることになった「週刊現代」の前編集長・加藤晴之氏へのインタビューも掲載されています。あらためてシンポジウムのログを見て、なかでも印象に残ったのは、佐野眞一氏が週刊新潮が起こした誤報問題にからめて発言した次のひと言でした。

Business Media 誠:集中連載・週刊誌サミット:編集長は度胸がない+愛情がない……週刊誌が凋落した理由(前編) (2/3)
本当に今の気持ちは、「情けない限り」で一杯だ。しかしこういう問題は、メディア同士で批判しなければならない。だが同業他社だからといって手心を加えるというのは、それは“八百長”だ。そういうことが読者に見破られているのではないだろうか。

手心ではないけれど、対峙すべきテーマや人をスルーしてしまえば、読者に見透かされる時代であることを肝に銘じないといけません。なんとなく当ブログは、高裁に移行してからのオリコン訴訟の経過を読者の方に伝えしようとしていませんでした。そうしたまま、SLAPPの切り口から、あれこれの裁判に考えをめぐらすのもバランスを欠くような気がして、情報収集も発信も滞ってきたような気がします。

オリコン訴訟は高裁に移行してから、弁論準備という非公開の形式で進められていて、すでに13回の話し合いがもたれている状態です。最終的な段階に近いという見方もあるようです。訴訟について気になっている方に、少し現状をお知らせするエントリーでした。
| slapp | 日本のSLAPP実例 | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:07 | - | - |









http://slapp.jugem.jp/trackback/226
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ