SLAPP WATCH

大企業や団体など力のある勢力が、反対意見や住民運動を封じ込めるため起こす高額の恫喝的訴訟をSLAPP(Strategic Lawsuit Against Public Participation)といいます。このブログはSLAPPについての国内外の実例や法律を集め、情報を蓄積し公開する研究室兼資料室です。反対運動のサイトではありません。基本的に♪
<< 非当事者のオリコン訴訟雑感(4) | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
読売vs新潮・黒薮「押し紙」記事訴訟、第4回終了
読売新聞東京本社・大阪本社・西部本社の3社が、週刊新潮に掲載された記事で名誉を毀損されたとして、発行元の新潮社やジャーナリスト・黒薮哲哉氏に対し、計約5500万円の損害賠償と謝罪広告を求めて訴えている裁判の第4回口頭弁論が1月19日、東京地裁(村上正敏裁判長)で開かれ、期日までに提出された陳述書の内容などを確認し終了した。問題となっているのは、昨年発行された週刊新潮による「『新聞業界』最大のタブー  『押し紙』を斬(き)る!」と題した記事。新潮側代理人の弁護士によると、記事中で示された押し紙比率の推定を立証するため、今後各販売店の陳述書を提出していく予定とのこと。
次回口頭弁論は3月2日、午前10時、東京地裁、526号法廷で開かれる予定。ちなみにこの裁判の係属は、民事第37部、事件番号は平成21年(ワ)23459。

◇参考
新聞販売黒書 2010年1月17日付け記事 
| slapp | 興味深い裁判例 | 22:12 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:12 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/01/28 3:30 PM |










http://slapp.jugem.jp/trackback/233
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ