SLAPP WATCH

大企業や団体など力のある勢力が、反対意見や住民運動を封じ込めるため起こす高額の恫喝的訴訟をSLAPP(Strategic Lawsuit Against Public Participation)といいます。このブログはSLAPPについての国内外の実例や法律を集め、情報を蓄積し公開する研究室兼資料室です。反対運動のサイトではありません。基本的に♪
<< オプラ・ウィンフリーが受けたSLAPP | main | 事実誤認があってもSLAPPなら却下される >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
バーブラ・ストライサンドが起こしたSLAPP
評価:
バーブラ・ストライサンド
ソニーミュージックエンタテインメント
¥ 3,500
(2002-06-05)
SLAPPを起こすのは、大企業や団体に限るわけではありません。個人であっても権力や資力のある者が起こす訴訟はSLAPPと認定されることがあります。アメリカで有名な歌手、女優にバーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand)がいます。彼女が起こしたある裁判はアンチ・スラップ法によって却下されました。

カリフォルニアの海岸線の記録を残そうとする環境活動家、ケネス・アデルマンが、海岸線の空撮写真をウェブサイトで公開していたところ、2003年、ストライサンドは自身の豪邸が写っているのはプライバシー侵害だとして提訴しました。アデルマンとインターネットのプロバイダー、写真サービス企業の三者を被告とし、1000万ドルの損害賠償を求めたのです。

アデルマンの公開していた海岸線の写真データベースは12000枚にも及び、カリフォルニアの海岸線を網羅するほどのものでした。しかしストライサンドは、弁護士を通じて写真の削除を要請したのち、それが容れられないとわかると、カリフォルニア州のアンチ・パパラッチ法にもとづき提訴したのです。

アデルマンはアンチ・スラップ法を用いて反訴。ロサンゼルス高等裁判所は、ストライサンドはアデルマンの表現の自由を侵害し、司法手続きを悪用したとして訴えを却下し、ストライサンドに訴訟費用・約16万ドルを払うよう命じました。セレブ(公人)たるストライサンドのプライバシーより、公衆の関心事についての表現の自由が、当然のように重視されたのです。

◇参考
California Coastal Records Project
Barbra Streisand’s Lawsuit to Silence Coastal Website Dismissed PRESS RELEASE
NMU (12/4/03): Court throws out Streisand's invasion of privacy lawsuit
| slapp | アメリカのSLAPP実例 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:16 | - | - |









http://slapp.jugem.jp/trackback/36
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/11 10:59 AM |
はじめまして
ブログ管理人様、突然のご挨拶を失礼致します 私たちは「学ぶ」事をテーマにした情報サイトを運営しているものです。 お役に立つ情報をご提供できればと思い、随時掲載、更新しております。 スクールやレッスン、資格等の情報も掲載しております。 尚、このトラックバッ
| マナブならcocoガイド | 2007/08/20 11:42 AM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ